You Are Here: Home » Articles posted by 菊地崇仁
菊地崇仁
菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 656

セブンマイルプログラムって何? 2018年6月よりセブン&アイグループで開始

2018年6月からセブン&アイグループで開始するのが「セブンマイルプログラム」だ。セブン&アイグループで横断的な特典の利用が可能となる。 6月に開始するのがセブン-イレブンの「セブン-イレブンアプリ」、イトーヨーカドーの「イトーヨーカドーアプリ」となる。その他「オムニ7アプリ」も6月から開始だ。 2018年秋頃には、そごう・西武で、2019年春頃にはロフトと赤ちゃん本舗でも開始予定となっている。 では、セブンマイルプログラムとは何だろうか。 まず、グループの統一ID「7iD(セブンアイディ)」が発行される。7iDで各グループのアプリにログインする事で、横断的に利用者の行動を特定できるようになると言うことだ。なお、オムニ7を利用している場合は、規約に同意するだけで、現在のIDとパスワードを7iDとして利用することが可能だ。 7iDでログインし、会計時にセブン-イレブンアプリやイトーヨーカドーアプリで表示されるバ ...

Read more

イオン銀行、イオン銀行ポイントクラブをイオン銀行Myステージにリニューアル! イオンカードセレクト特典もこう変わる!

イオン銀行は、2018年7月1日(日)より、イオン銀行ポイントクラブをリニューアルし、イオン銀行Myステージを開始すると発表した。 毎月ステージ判定があり、1ヶ月間ステージ特典を利用することが可能だ。例えば、7月の取引月の取引実績を8月に判定。9月中に特典の利用が可能となる。 7月 8月 9月 10月 11月 取引 判定 特典適用 取引 判定 特典適用 取引 判定 特典適用 住信SBIネット銀行やスルガ銀行などが実施しているステージ制により、他行ATM入出金手数料無料回数や他行宛振込手数料無料回数などが変更となる仕組みだ。 イオン銀行Myステージは、ステージなし、ブロンズステージ、シルバーステージ、ゴールドステージ、プラチナステージの5段階。段階によって普通預金金利が0.12%になったり、他行宛振込手数料無料回数が5回になるなどの特典を利用できる。 なし ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ 必要なイオン銀 ...

Read more

THEO+ docomoとTHEO+ JALではどちらがおトク? THEO+ docomoの口座を開設し、10万円を入金してみた 今後のサービスに期待

ドコモがポイント投資サービスを開始し、ポイントでの投資だけでなく、実際の投資でdポイントを獲得できるサービスも開始した。 サービス名は「THEO+ docomo」となり、「THEO+ JAL」などと仕組みは同じだ。THEO+ JALとTHEO+ docomoの違いは1万円毎に貯まるポイントの違いとなる。JALの場合はマイル、docomoの場合はdポイントだ。 THEO+ JAL THEO+ docomo 口座開設+1万円入金 50マイル ─ 毎月の資産1万円につき 3000万円未満 0.5マイル 1.5ポイント(ドコモ回線以外1ポイント) 3000万円を超えた部分 0.25マイル 0.75ポイント(ドコモ回線以外0.5ポイント) キャンペーン 国内線(12月31日まで) 500マイル ─ 国際線(12月31日まで、国内線は付与なし) 1,000マイル 初回積立(7月15日まで) 1万円以上、3万円未満 ─ 2 ...

Read more

アメリカン・エキスプレスのカード利用可能額を調べる方法は? 利用可能額を確認してみた

一般的なクレジットカードの場合、利用可能枠が設定されている。例えば、筆者の楽天ブラックカードの利用可能枠は500万円だ。そのうち、現時点で276,929円利用しているため、利用可能額としては4,723,071円となる。4,723,071円を超える金額を利用すると、限度額オーバーで決済できない。 このままだと利用可能額が減る一方となるため、支払日に銀行口座から正常に引き落とされれば、利用可能額が増える仕組みとなる。 しかし、アメリカン・エキスプレス発行のカードとダイナースクラブでは利用可能枠が設定されていない。アメリカン・エキスプレスと言っても、MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードのような提携カードの場合は上記と同じような利用可能枠は設定されているが、アメリカン・エキスプレス発行カードとダイナースクラブカードでは利用可能枠はない。 本当に利用可能枠がないのだろうか? アメリカン・エキスプレスのサイト ...

Read more

ラグジュアリーカード(Luxury Card)のソーシャルアワー(Social Hour)に参加してきた

ラグジュアリーカード(Luxury Card)にはソーシャルアワー(Social Hour)というグルメイベントが毎月開催されている。以前は、チタンカードでも予約すると参加することができたのだが、2018年1月開催よりブラックカード・ゴールドカード限定サービスに変更となっている。 2018年の5月開催は21日(月)となり、通常は第3火曜日か水曜日となっているようだが、5月は月曜開催となった。5月22日(火)はレストランで何かあるのだろう。 会場はフォーシーズンズホテル丸の内にあるレストラン&バーの「MOTIF」。MOTIFはラグジュアリーリムジンの対象レストランにもなっている。 また、以前はアメリカン・エキスプレスのプラチナ・カード以上を保有していると、コンシェルジュデスクで新幹線や特急券を購入すると、MOTIFでコーヒーなどを1杯無料でいただけるサービス「コンフォート・カフェ」もあったがコンフォート・カフェ ...

Read more

dポイント投資サービスを申し込んで見た 3営業日の運営結果は?

dポイント投資サービスが2018年5月16日(水)から開始した。早速、dポイントでの投資サービスを使ってみたので紹介したい。 まず、dポイントクラブアプリにログインする。ポイント投資がポイントを「ためる」なのか「つかう」なのか難しいところだが、「ためる」メニューをタップすると「ポイント投資でためる」というボタンがある(右上から2段目)。 タップし、「初めての方」から申し込もう。すぐにコース選択画面となり、スクロールすると運用可能なポイント数が表示されるため、今回は1,600ポイントの16を入力。これであっという間に運用が開始される。 なお、アクティブコースからバランスコース、バランスコースからアクティブコースへの変更する場合は、右上の「=」ボタンをタップすると、「コース変更」メニューがある。 「変更する」ボタンをタップすると、異なるコースに変更が完了する。コース変更はリアルタイムで行われるが、何度変更したとし ...

Read more

AmazonではAmazon Mastercardゴールドよりもおトクに買う方法がある! 4.5%以上の還元も

筆者も保有しているAmazon Mastercardゴールドは年会費が1万円(税抜)だが、マイ・ペイすリボ登録・利用で5,000円(税抜)引き、web明細登録で6回以上明細が上がれば1,000円(税抜)引きと4,000円(税抜)でのゴールドカードとなる。 Amazon Mastercardゴールドにはプライム年会費3,900円(税込)も含まれているため、実質420円のゴールドカードというわけだ。 Amazon.co.jpでAmazon Mastercardゴールドを利用すると還元率が2.5%のAmazonポイントが貯まり、Mastercard加盟店で利用した場合は1.0%のAmazonポイントが貯まる。 また、Amazonでの「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」は何度でも無料で利用できる。 ゴールドカードなので、国内線の空港ラウンジを利用できたり、旅行保険が充実したりと特典が満載だ。 Amazon.co.jpのヘビ ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top