You Are Here: Home » クレジットカード » 三井住友銀行、ICキャッシュカードの磁気不良をATMで修復するサービスを開始 クレジット一体型キャッシュカードなどは今後対応予定

三井住友銀行、ICキャッシュカードの磁気不良をATMで修復するサービスを開始 クレジット一体型キャッシュカードなどは今後対応予定

三井住友銀行、ICキャッシュカードの磁気不良をATMで修復するサービスを開始 クレジット一体型キャッシュカードなどは今後対応予定

三井住友銀行は、2018年7月11日(水)より、磁気不良でICキャッシュカードの取り扱いができない場合でも、同行のATMで自動修復するサービスを開始した。

普通預金口座保有者向けに発行しているICチップを搭載したICキャッシュカードが対象となり、残高照会や出金手続きを行うときに、磁気不良が自動的に検知され、10秒~20秒程度で自動修復する。

入金や振込手続きを実施するときには磁気不良修復サービスは利用できないため、一度残高照会や出金手続き後に利用する必要がある。

なお、SMBCデビット一体型キャッシュカードやクレジット一体型キャッシュカードでは磁気不良修復サービスの利用ができない。2019年度以降に対応予定となっている。

磁気不良をATMで修復するサービスはイオンカードが2018年6月18日(月)より開始している。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 5629

© 2013 ポイ探

Scroll to top