クレジットカード 電子マネー

ロイヤルホールディングス、GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店で楽天ペイを導入

ロイヤルホールディングスは、2017年11月6日(月)にオープンする「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」で、楽天の決済サービス「楽天ペイ」を導入すると発表した。

楽天ペイは、クレジットカードの6ブランド(Mastercard、JCB、Visa、American Express、Diners Club、DISCOVER)と、主要電子マネーの14ブランド(楽天Edy・Suica・PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん、nanaco、WAON(予定)、QUICPay+、iD)の決済に対応しており、現金を使わずに決済することができるサービスだ。

新規店では、利用者がテーブル上のタブレットPCでメニューの注文や、合計金額の算出ができ、支払いの際は、楽天ペイの端末に決済情報を連動させ、クレジットカードや電子マネーでの支払いが可能となる。

スマホアプリの楽天ペイ利用者は、決済時に、クレジットカードのポイントとは別に、200円につき1楽天スーパーポイントを獲得でき、1楽天スーパーポイント=1円として利用することもできる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, 電子マネー
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース