サンドラッググループでオリジナルデザインの「サンドラッグEdyカード」「ダイレックスEdyカード」を発行

電子マネー

サンドラッググループでオリジナルデザインの「サンドラッグEdyカード」「ダイレックスEdyカード」を発行

サンドラッググループでは、2022年10月上旬より、楽天Edyを搭載したオリジナルデザインの「サンドラッグEdyカード」「ダイレックスEdyカード」を発行する。

「サンドラッグEdyカード」を「サンドラッグ」「ドラッグトップス」店内のPOSレジやチャージ機で現金チャージすると、1,000円ごとに「サンドラッグポイント」が5ポイントたまる。また、会計時に「サンドラッグポイントカード」を提示すると100円(税抜き)につき1ポイント、楽天ポイントカードを同時に提示すると200円(税抜き)につき楽天ポイントが1ポイントたまる。

また、「ダイレックスEdyカード」を「ダイレックス」店内のPOSレジやチャージ機で現金チャージすると、1,000円ごとに「ダイレックスポイント」が5ポイントたまる。会計時に「ダイレックスEdyカード」の楽天Edyで支払うと、別途100円(税抜き)につき1ポイントたまる。

なお、サンドラッグEdyカード、ダイレックスEdyカードを楽天Edy加盟店で支払うと、200円(税込み)につき1ポイントのサンドラッグポイント、ダイレックスポイントをそれぞれ貯める事が可能だ。

今後、カード発行でのキャンペーンも実施予定だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , , , , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース