PayPay、運転免許証のICチップを利用した本人確認が可能に

QRコード・バーコード

PayPay、運転免許証のICチップを利用した本人確認が可能に

PayPayは、2022年4月20日(水)より、Android版で運転免許証のICチップを利用した本人確認が可能となった。

現在発行されている運転免許証は、氏名、住所、顔写真などの個人情報が入力されたICチップが搭載されている。運転免許証の写真撮影を利用した本人確認手続と比較し、本人確認書類の偽造や他人によるなりすまし申請などを防止し、スムーズに本人確認を行う事が可能となる。

運転免許証のICチップを利用した本人確認手続を行うと、セルフィー撮影だけで本人確認が完了する。

本人確認したPayPayは、PayPayマネーを送金したり出金したりする事が可能となる。

Android版が先行提供となり、iOS版は後日開始予定だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース