東京都羽村市、市税等のクレジットカード納付サービスを開始

クレジットカード

東京都羽村市、市税等のクレジットカード納付サービスを開始

東京都羽村市では、2021年5月21日(金)より、市税等のクレジットカード納付サービスを開始した。

納税者は、羽村市のwebサイトからオンライン納付専用画面にアクセスし、納付書に印字されたバーコード情報をスマートフォンやタブレット端末のカメラ機能で読み取り、必要事項を入力の上、クレジットカード情報を入力すると、クレジットカード納付が可能となる。

対象税目は、市・都民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税(種別割)、国民健康保険税(普通徴収)、介護保険料(普通徴収)、後期高齢者医療保険料(普通徴収)、利用できるクレジットカードはVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club。

原則、クレジットカード会社のポイントを獲得できるが、システム手数料が発生する。1万円以内は110円(税込)、2万円以内は220円(税込)、3万円以内は330円(税込)と、1万円毎に110円(税込)の手数料がアップする。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース