ミクシィのプリペイドカード「6gram」がアップデート! 半透明のリアルカードに加え、Visaのバーチャルカードも発行可能に!

コラム プリペイドカード

ミクシィのプリペイドカード「6gram」がアップデート! 半透明のリアルカードに加え、Visaのバーチャルカードも発行可能に!

ミクシィのプリペイドカード「6gram」でリアルカードの発行が開始した。JCBではなくVisaブランドでの発行となる。

JCBプリペイド「6gram」って何? バーチャルカードを何枚でも発行でき、グループ機能なども面白い!
JCBプリペイド「6gram」って何? バーチャルカードを何枚でも発行でき、グループ機能なども面白い!

目次1 6gramでは何枚でもバーチャルプリペイドカードを発行可能!2 6gramの特徴はグループウォレット機能3 6gramのQUICPayはカードを動的に変更可能 6gram - クレジットカード ...

続きを見る

6gramはチャージ時にポイントが貯まるクレジットカードやプリペイドカードなどもあり、人気になりつつある。

早速申し込みしてみることに。6gramの「ウォレット」画面から「リアルカード申込み」をタップ。

6gramのリアルカード申込み

6gramのリアルカード申込み

800円の発行手数料が600円になっているのはキャンペーン中のためだが、キャンペーン終了時期は未定とのこと。また、ニュースリリースなどでは3色のカードしか発表されていないが、ブラックも発行できたため、今回はブラックを申し込むことにした。

ミクシィ、6gramのリアルカード「6gramリアルカード」をVisaブランドで発行
ミクシィ、6gramのリアルカード「6gramリアルカード」をVisaブランドで発行

ミクシィは、2021年6月8日(火)より、モバイルウォレットアプリ「6gram」アプリ上から申込・発行でき、国内外のVisa加盟店で利用できるプリペイドカード「6gramリアルカード」の発行を開始した ...

続きを見る

申し込むには本人確認が必要だ。

6gramのリアルカード申込の流れ

6gramのリアルカード申込の流れ

「本人確認」をタップして、免許証などをアップロード。顔の撮影などを行うと、オンラインで本人確認が完了する。

6gramのリアルカード申込時の本人確認

6gramのリアルカード申込時の本人確認

全て内容を確認し「申込み」ボタンをタップすると申込が完了だ。

6gramのリアルカード申込

6gramのリアルカード申込

ボタンが「リアルカード申込み」から「リアルカード申込み中」に切り替わった。

6gramのリアルカード申込ボタンが「申込み中」に

6gramのリアルカード申込ボタンが「申込み中」に

10日程度でカードが発行されたと言う通知があり、翌日ポストに投函。

6gramのリアルカード発送通知

6gramのリアルカード発送通知

カードの有効化するまで利用できないため、ポスト投函で良いのだろう。ただし、封筒を見ても、最初は何かわからなかった。

6gramが入っている封筒

6gramが入っている封筒

裏を見ると「6gram」とあるため、ようやく6gramのリアルカードが届いたことがわかった。

6gramの封筒裏

6gramの封筒裏

カードは半透明で、非常におしゃれなカードとなる。裏面はチップなども見える構造となっており、なかなか面白い。

6gramのICチップ裏面

6gramのICチップ裏面

カード番号や有効期限、名前などは一切書かれておらず、ネットで利用する場合はプリペイドカード番号を表示して利用する。

このカードは有効化されておらず、最初に有効化する必要がある。アプリでアカウントの紐付けを行うが「カードを読み取る」ボタンをタップすると、「リアルカードに端末をかざしてください」と表示され、マイナンバーやSuicaの読み取りするようにかざしてみた。リアルカードが紐付けされたとメッセージが表示され、「リアルカード利用」をONにすると利用可能だ。なお、OFFにしておけば、リアルカードとしては利用できないため、支払う前にONに設定するのが良いだろう。

6gramのリアルカードを有効化

6gramのリアルカードを有効化

6gramのバーチャルカードはJCBのみだったが、リアルカード発行のタイミングでVisaブランドのカードも発行可能だ。VisaブランドでもJCBブランドでも、残高は同じため、オンラインでは好きな方で決済すれば良い。

6gramのバーチャルカードVisaブランド

6gramのバーチャルカードVisaブランド

ただし、アップデート後、バーチャルカードの2枚目以降は100円の有料となっているため注意が必要だ。筆者は、アップデート前にJCBブランドのバーチャルカードを発行していたが、アップデート前の枚数はカウントされていないようだ。

6gramのバーチャルカードは1枚目無料、2枚目以降は100円

6gramのバーチャルカードは1枚目無料、2枚目以降は100円

実際にローソンで6gramのリアルカードでVisaのタッチ決済を利用して支払ってみた。「Visa Prepaid」として認識され、残高から支払われた。

ローソンで6gramのリアルカードを使ってみた

ローソンで6gramのリアルカードを使ってみた

なお、リアルカードとバーチャルカードは残高を共有しているだけのため、リアルカードのカード番号という考え方はないのだろう。ローソンのレシートに表示されている「会員No」とバーチャルカードの下4桁は全て異なるため、リアルカードの実際の番号は別の番号となる。アプリでカード番号を確認するというメニューも見当たらない。

還元率という点では、6gram単体であまりおトクではないが、他社カードからチャージする事によって、様々なポイントを獲得でき、VisaやJCB加盟店、QUICPay加盟店など、幅広い店舗で利用できる6gramはなかなか面白いカードだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース