サイクルアシストやゴルフアシストの保険料は楽天ポイントで支払っている人が30%以上に

ポイントプログラム

サイクルアシストやゴルフアシストの保険料は楽天ポイントで支払っている人が30%以上に

楽天損保は、2021年1月に自転車保険の「サイクルアシスト(傷害総合保険)」の契約件数が15万件を突破、2月にゴルファー向けの「ゴルフアシスト」の契約件数が8万件を突破したと発表した。

2015年10月に兵庫県が全国で初めて自転車保険の加入義務化に踏み切り、様々な都道府県、市町村単位で義務化が進められている。サイクルアシストは2018年10月に販売を開始し、2021年1月に契約数15万件を突破した。ゴルフアシストは2019年3月にインターネットで販売開始し、2021年2月で契約件数8万件を突破。

サイクルアシストやゴルフアシストは契約すると保険料支払額の1%の楽天ポイントを獲得できるほか、貯まっている楽天ポイントを利用することが可能だ。サイクルアシストの保険料支払いには34%の方が楽天ポイントを利用し、ゴルフアシストの保険料支払いには36%の方が楽天ポイントを利用している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース