電子マネー

Square ReaderがSuicaやiD、QUICPayなどの主要電子マネーに対応

Squareは、2020年8月4日(火)より、Square Readerが主要電子マネーに対応したと発表した。

Squareは、事業者の業種や売上規模の関わらず決済手数料が明朗で、入金が最短翌営業日となる。個人で営む小売店や飲食店、美容院サロンなどで導入されている。

Square Readerは、コンパクトでシンプルなデザインの決済端末となり、クレジットカードでの支払いに加え、Suica等の交通系ICカード、iD、QUICPayの電子マネー決済に対応。

iDやQUICPayに対応する事で、Google PayやApple Payでの非接触決済、またクレジットカードのコンタクトレス決済にも対応し、Square Readerがひとつあれば、主流となっている決済サービスに対応することが可能となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース