プリペイドカード

三井住友カード、家族で残高を共有する「かぞくのおさいふ」を開始

三井住友カードは、2020年3月16日(月)より、家族で残高を共有する「かぞくのおさいふ」サービスを開始した。

「かぞくのおさいふ」は、家族で1つの残高を共有するサービスとなり、それぞれの会員はVisaプリペイドカードで残高を利用する事ができる。

「共通のおさいふ」と「個別のおさいふ」の2つがあり、「共通のおさいふ」は本会員と1名まで利用できる。また、「個別のおさいふ」は、本会員以外に9枚保有することができ、「共通のおさいふ」から別途「個別のおさいふ」に残高を移動することで利用する事が可能となる。

発行可能なVisaプリペイドカードは、審査が不要で6歳以上の小学生以上からの申込が可能だ。カードデザインは「スマイルデザイン」と「チャックデザイン」の2種類あり、14種類の中から選ぶことができる。

Visaプリペイドカードの利用時には、月間利用額に応じて0.25%がキャッシュバックされる。また、Apple PayやGoogle Payの設定、Visaのタッチ決済なども利用可能だ。

家族の利用時にはメールでの通知や、家族会員の利用明細・残高も確認することができる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-プリペイドカード
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース