クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

東京都でも自転車保険が義務化! 個人賠償責任保険を確認すべし!

2019年12月26日

東京都では、2020年4月に「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行される。自転車利用中の対人賠償事故に備える保険などに加入していなければ条例違反となる。自転車を利用しているのが未成年の場合でも、保護者が自転車損害賠償保険などに加入しなければならない。

以前、男子小学生が、夜間帰宅途中に自転車で走行中、歩行中の女性と正面衝突し、女性は頭蓋骨骨折等の障害を負い、意識が戻らない状態となった事故があった。神戸地方裁判所では、2013年7月4日(木)の判決で、保護者に監督責任を認め、約9,500万円の賠償を命じている。

東京都でも自転車損害賠償保険などが2020年4月以降義務化となるため、今のうちに自転車保険を確認しておこう。

自転車保険は専門の保険に加入しなければならない?

「自転車保険」と言う商品名で加入できる保険も多いが、保険の特約として付帯している場合もある。

例えば、自動車保険の特約、火災保険の特約、傷害保険の特約などでも自転車保険が付帯している場合が多い。既に付帯しているのであれば、わざわざ専門の自転車保険に加入する必要はない。

特に「個人賠償責任保険」が付帯されているかを確認するのが重要だ。個人賠償責任保険とは、他人にケガをさせたり、他人のモノを壊したり等、損害賠償責任を負った場合の補償となる。例えば、

  • 子供がおもちゃのバットを振り回して、誤って友達にケガをさせた。
  • 子供がキャッチボールをしていて、誤って他人の家の窓ガラスを割った。
  • ゴルフプレー中に自分が打ったボールが他人に当たり、ケガをさせた。
  • 配偶者が立食パーティーでトレーに載せていた食事をこぼし、他人のドレスを汚した。
  • マンションで洗濯機から水が漏れ、下の階の戸室に被害を与えた。

のような場合に適用される。もちろん、

  • 子供が自転車で通行人にケガをさせた。

と言う場合も対象だ。

筆者の自動車保険の場合、「個人賠償特約」欄があるが「なし」となっている。

従って、この状態では自転車保険未加入の状態となり、2020年4月以降は別の自転車保険を考えなければならない。もちろん、次回の自動車保険更新時に「個人賠償特約」をつければ良い。

しかし、クレジットカードには「個人賠償責任保険」が付帯しているクレジットカードもある。以下のクレジットカードを保有している場合は、個人賠償責任保険が自動付帯のため、自転車保険に別途加入する必要はない。

センチュリオン・カード、プラチナ・カード

センチュリオン・カード(年会費35万円+税)またはプラチナ・カード(年会費13万円+税)会員、配偶者、生計をともにする同居の親族、生計を共にする別居の未婚の子供が対象となる。

1事故につき支払限度額は1億円。引受保険会社はChubb損害保険株式会社だ。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカード(年会費20万円+税)会員(本会員・家族会員)、配偶者、生計を共にする同居の親族、生計を共にする別居の未婚の子供が対象だ。

1事故につき1億円が限度。事故の日から30日以内に、三井住友トラストクラブ カード付帯保険受付デスクに連絡が必要だ。引受保険会社は東京会場日動火災保険株式会社。

ラグジュアリーカード ゴールドカード

ラグジュアリーカード ゴールド(年会費20万円+税)会員(本人会員・家族会員)、配偶者、同居の親族、別居の未婚の子が対象。チタンカードやブラックカードには個人賠償責任保険が付帯しない。

1事故につき1億円が限度。事故の日から30日以内に、損害保険ジャパン日本興亜株式会社への連絡が必要となる。「保険金請求書」に必要事項を記入し、事故状況報告書や医師の診断書などを添えて送付する。

三井住友トラストVISAプラチナカード

三井住友トラストVISAプラチナカード(年会費3.5万円+税)会員、配偶者、同居の親族、別居の未婚の子が対象。

1回の事故につき1億円限度。引受保険会社は三井住友海上火災保険株式会社。

これまで紹介してきたクレジットカードに比べて比較的年会費が安く保有しやすいのが特徴だ。


なお、上記のようなクレジットカードを保有していなくても、クレジットカードには別途月額数百円で入れる保険が用意されている場合も多い。

まずは、個人賠償責任保険が付帯しているか、重複していないか、付帯していない場合は別途クレジットカードの保険や自動車保険の特約を見直して、2020年4月に備えておこう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース