QRコード・バーコード クレジット

関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港でJCBコンタクトレスやWeChat Payを導入

関西エアポートグループは、2019年5月20日(月)から関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港にWeChat Payの導入を開始した。

関西国際空港は訪日客の増加により、支払い手段のニーズも多様化している。また、3空港においては年間5,000万人近くが利用し、店舗内のレジ混雑も課題となっている。

5月20日(月)からは関西空港でWeChat Payが導入され、大阪空港・神戸空港では順次導入予定だ。また、4月には対象のJCBカードをかざして支払うことができるJCBコンタクトレス、銀聯カードのモバイルアプリを使用した非接触ICサービスの銀聯クイックパスが導入され、6月末には銀聯のQR決済サービスである銀聯QRを導入する。

5月20日(月)以降に利用できる決済オプションは20種類までに広がる。利用できる決済オプションは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯、Alipay、ICOCA等の交通系電子マネー、iD、楽天Edy、WAON、PiTaPa、QUICPay、Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、American Expressコンタクトレス、WeChat Pay、銀聯クイックパス、銀聯QR、JCBコンタクトレスとなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-QRコード・バーコード, クレジット
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2024 ポイ探ニュース