You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » コンシェルジュデスクでハローキティ新幹線を調べてもらった ハローキティ新幹線は2号車自由席がおすすめ

コンシェルジュデスクでハローキティ新幹線を調べてもらった ハローキティ新幹線は2号車自由席がおすすめ

コンシェルジュデスクでハローキティ新幹線を調べてもらった ハローキティ新幹線は2号車自由席がおすすめ

ハローキティ新幹線とは?

2018年6月30日(土)にJR西日本がサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」をデザインした「ハローキティ新幹線」の運行が開始した。

車両がハローキティデザインとなっており、さらにカフェやショップが併設されている。500系の「こだま」となっているため、急いで乗るための新幹線ではない。この車両に仕事で乗ることは少ないのではないだろうか。

ハローキティ新幹線は非常に気になっていたが、運行区間が新大阪~博多間となっており、東京都在住の筆者にとってはなかなか乗車する機会がなかった。

今回、アメックスのフリーステイ・ギフトを利用して姫路の旅行を計画。新大阪から姫路の区間をハローキティ新幹線で乗車することにした。

ハローキティ新幹線の運行日・運行区間は? 2号車自由席がおすすめ

まず、ある程度自分で調べておいた。期間中は「こだま730号」と「こだま741号」のみ。こだま730号は博多6:42発 – 新大阪11:13着。こだま741号は11:29発 – 博多15:38着となる。1日1往復が基本だ。

毎日運行しているわけではなく、1ヵ月に3日程度の運休日があるため、時間だけでなく運休日も確認しなければならない。2019年3月11日~13日と23日、2019年4月2日~4日、23日~25日、5月20日~22日、6月12日~14日が運休日となっている。2019年7月以降は未定となっているため、夏休みなどに乗車する場合は定期的にwebサイトを確認すると良いだろう。

車両デザインを見る限り、先頭車両1・8号車と2号車だけがハローキティデザインとなっているようだが、指定席などがわからないため、コンシェルジュデスクで新幹線のチケットを取ってもらいながら詳細を調べてもらうことにした。

コンシェルジュデスクに電話して「○月△日の11:29新大阪の新幹線チケット手配お願いします」と伝える。コンシェルジュデスクでは「□時頃の新幹線」と依頼することが多いが、ピンポイントで依頼したためかちょっと戸惑っている感じはした。

調べてもらっているときに担当者も気がついたようで、「特別デザインの新幹線ですね」と言う事で、「指定席で一番1号車に近い座席」の依頼をしたところ、「デザインなどをJR西日本に電話で確認します」とのこと。

4号車からが指定席になっており、新大阪から姫路の区間は約30分程度と言う事を考えると、「4号車の指定席を取っても、ほぼ座ることがないのでは?」と言う提案で、結局区間の自由席を手配してもらうことに。さらに「座席なども飾られているのは2号車で、それ以外は普通の座席のようです」との事だったため、最悪30分立って乗っても大丈夫だろうと考えて自由席で乗車することに。

ハローキティ新幹線に乗ってみた

当日、新大阪駅に11時29分までに付くように色々手配したのだが、やはり遅れなどもあり、結局20分前くらいに新大阪駅に到着した。

ホームに着くと、2号車付近は既に混雑している。それでも、座れるくらいの人数だったため並んでいると、博多からのハローキティ新幹線が到着。かっこいいと言うか可愛いと言うか。

車内清掃があり、なかなか自動ドアが開かない。時間があるため、車内清掃の時間に並ぶ人と写真を撮る人に別れて行動するのもおすすめだ。

車内清掃が終わり自動ドアが開いてようやく乗車できた。何とか座席を確保。

車内は非常に混雑しており、様々なところで写真撮影。半分程度が外国からの観光客だろうか。ハローキティ新幹線に乗車できる乗り放題パスについて英語、中国語、韓国語で書かれているwebサイトも用意されているため、日本人だけでなく、海外からの旅行客も多く乗車していた。

乗り放題パスは途中下車もできるためか、新神戸、西明石などで意外と降りる人が多い。

1号車は車内販売やカフェがあったが、カフェでゆっくりできるような状態でもなく、座って寛いでいる人はいない。「ホットコーヒー」(310円)、「みっくちゅじゅーちゅ」(170円)、「大山牧場 いちごアイスクリーム」(350円)、「ハローキティ新幹線弁当」(1,250円)などが販売されいる。

写真コーナーでは、スタッフの方が撮影してくれるため、1人で乗車しても家族で乗車しても写真撮影が可能だ。

売店は非常に混雑しているが、目当ての物を購入すると、すぐに車両を移動する人がほとんどで、回転が良い。商品を購入できないことはなさそうだ。

2号車に戻ってきて、シートに座る。シートカバーもハローキティとなっている。また、床がピンクになっていたり、自動ドアが水玉やリボンが付いているなど、車内もかわいい。

窓のブラインドを閉めてもハローキティ。

なお、このように車内がハローキティで飾られているのは2号車のみとなるため、指定席のチケットはもったいない。ハローキティ新幹線に乗る場合は、できるだけ早めにホームに行き、2号車に並ぶのがおすすめだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 904

© 2013 ポイ探

Scroll to top