You Are Here: Home » 電子マネー » JCB、人工知能搭載レジで店舗支援の実証実験を開始

JCB、人工知能搭載レジで店舗支援の実証実験を開始

JCB、人工知能搭載レジで店舗支援の実証実験を開始

JCBは、2018年9月下旬より、JCB高田馬場オフィス内で、サインポストが開発する人工知能搭載レジ「Wonder Register(ワンダーレジ)」を用いた店舗支援の実証事件を開始すると発表した。

Wonder Registerは、センサーや電子タグを必要としない画像認証技術を用い、JCB高田馬場オフィス内の店舗で販売されている商品やお弁当などの複数商品を人工知能が瞬時に認識し、購入金額を算出する。QUICPayでの決済を行うことで、利便性や実用性を検証する。

検証後は、JCB法人カード導入企業のオフィス内への設置提案や、生体認証決済など、JCBが研究を進めている決済手段を無人レジに搭載することも検討している。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7107

© 2013 ポイ探

Scroll to top