クレジットカード 電子マネー

au、直営店の7店舗にモバイル型決済端末を導入

KDDIとKDDIフィナンシャルサービス、三菱UFJニコスは、2016年10月25日(火)より、au直営店7店舗にクレジットカードや電子マネーに対応可能なモバイル型決済端末「BluePad-50」を導入した。

2016年11月中には、全国約2,500店舗のauショップにも導入予定となっている。BluePad-50は、モバイル型決済端末となり、Visa・Mastercard・JCBのクレジットカードだけでなく、電子マネーのQUICPayや銀聯カードにも対応し、今後、交通系電子マネーにも順次対応する予定だ。

auショップでのアクセサリーなどの購入でレジに並ばずに、目の前で決済する事が可能になり、待ち時間の短縮および安心しての買い物が可能となる。

QUICPayに対応することで、同日開始のApple Payでの支払いも可能となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, 電子マネー
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース