キャンペーン クレジットカード

楽天、スマホ決済サービス「楽天ペイ」を開始 店頭でQRコードを読み取るだけで決済が可能に

楽天は、2016年10月27日(木)より、店頭でスマートフォンでQRコードを読み取るなどで決済が可能となるサービス「楽天ペイ」を開始した。

従来提供していた楽天スマートペイは、楽天ペイ(実店舗決済)と名称が変更され、楽天ペイも取り扱うことが可能となった。また、2017年にはWeChat Payや銀聯カードの対応も予定している。

ユーザーは、楽天ペイをスマートフォンにインストールし、対象の店舗で表示されたバーコードを楽天ペイで読み取ると、登録されているクレジットカードで決済が可能となる。

また、自分で金額を入力して支払う「セルフペイ」も提供され、対象店舗でセルフペイを利用することで、レジに並ばずに支払うことが可能となる。支払後には店舗スタッフに画面を提示するだけで決済が完了する。

楽天ペイの対象クレジットカードは、VisaかMastercardブランドのクレジットカードとなり、楽天カードの場合はJCBブランドでも利用できる。

楽天ペイで支払う場合、0.5%の楽天スーパーポイントを獲得でき、クレジットカード決済時にはクレジットカードのポイントも獲得可能だ。楽天カードを登録している場合は、合計1.5%の楽天スーパーポイントを獲得可能だ。

なお、開始を記念し、2016年10月27日(木)から2017年1月6日(金) 9:59までの間、楽天ペイアプリを利用すると、決済金額の最大10%の楽天スーパーポイントを獲得できるキャンペーンも開始した。楽天カードで決済の場合は10%、他社カードの場合は5%分の楽天スーパーポイントとなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-キャンペーン, クレジットカード
-,

© 2021 ポイ探ニュース