クレジットカード特集 コラム 電子マネー

QUICPayは様々な種類がある! 自分にあったQUICPayはどれ?

ポストペイ型(後払い型)の電子マネーとしては、iDやQUICPayがある。後払いのため、チャージ金額が足りずに支払えないということはない。支払上限は1回当たり2万円で年会費は無料。ただし、発行手数料が有料の場合もある。

ポストペイ型の電子マネーは、プリペイド型の電子マネーのように、チャージ時にクレジットカードでチャージし、クレジットカードのポイントを貯め、さらに、電子マネー利用時に電子マネーのポイントを貯めることもできないため、どちらかと言うと、電子マネー初心者向けとなるのではないだろうか。

ただし、ツルハでは毎月1日、20日は5%キャッシュバックなどのキャンペーンも多いため、プリペイド型の電子マネーよりもおトクに利用できる場合もある。

今回は、様々なタイプのQUICPayが存在するため、それぞれの形状とメリット・デメリットを紹介していきたい。ちなみに「QUICK」ではないので検索するときなどは注意して欲しい。

1.専用カード型

QUICPay専用カードクレジットカード会社に申し込み、クレジットカードとは別に発行されるタイプとなる。クレジットカードとQUICPayで2枚のカードが必要になるが、コンビニにはQUICPayカードのみ、通常の買い物にはクレジットカードという使い方もできる。

会社員であれば社員証を入れるIDカードケースに入れておけば、お昼休みにコンビニエンスストアで利用するという使い方も可能だ。

発行会社はJCB、トヨタファイナンス、オリコ、セディナ、日専連、UCSカード、アプラスがある。写真はJCBで申し込んだQUICPayだ。

2.クレジットカード一体型

QUICPayクレジットカード一体型クレジットカードにQUICPayが搭載された一体型のカードだ。一体型のため、カードが複数にならないメリットがある。

ただし、クレジットカード一体型QUICPayを発行しているのは、トヨタファイナンス、オリコと少ないのがデメリットだろう。

写真はOrico Card THE POINTとなり、QUICPayだけでなくiDも一体型となっている。

3.電子マネー一体型

QUICPay(nanaco)セブン・カードサービスが発行しているnanacoに付帯するQUICPayだ。nanacoカードに加え、セブンカード・プラスまたはセブンカード/アイワイカードが別途必要になる。nanacoカード単体では利用登録できないので注意が必要だ。

セブンイレブンではnanacoとして、その他のコンビニではQUICPayとして利用することができる。

4.モバイル型

QUICPayモバイル型一番使いやすいQUICPayがモバイル型だろう。おサイフケータイで設定することによって利用することができる。カードタイプよりも発行までの時間が短く、さらに発行手数料が無料となっている。

おサイフケータイには、QUICPayだけでなく、nanacoやWAON、楽天Edy、モバイルSuicaなど、他の電子マネーもインストールできるため、非常に使い勝手は良いだろう。

モバイル型はJCB、トヨタファイナンス、クレディセゾン、オリコ、セディナ、日専連、UCSカード、UCカード、アメリカン・エキスプレス、アプラスと多くの発行会社があるのも特徴だ。

5.キーホルダー型

ANA QUICPay-nanacoスピードパスプラスとANA QUICPay+nanacoがある。スピードパスプラスは、自動車のキーに付けて、エッソ・モービル・ゼネラルのセルフサービスステーションで非接触でガソリンの支払いが可能となる。

ANA QUICPay+nanacoは、ANA JCBカード、ソラチカカード保有者のみが申し込めるタイプとなる。ANAのSkipサービスも利用できるため、空港でちょっとした買い物時に便利だろう。

どちらも発行手数料は300円(税込)。

6.コイン型

QUICPayコイン500円硬化よりも一回り程度大きなコイン型のQUICPayだ。発行手数料は300円(税込)。

発行会社はJCBのみとなる。オリジナルリストバンドを利用すると、ランニングなどで財布を持たなくてもコンビニ等で買い物ができるようになる。

ただし、ランニングなどでケータイを利用している場合は、おサイフケータイのほうが便利だろう。


ポストペイ型の電子マネーは、基本的にクレジットカードに紐付いているため、紐付いたクレジットカードの利用金額に合算される。そのため、年間のカード利用金額によってボーナスポイントがある場合は、QUICPayやiDを利用するのも良いだろう。

QUICPayは様々なタイプがあるが、やはり一番使い勝手が良いのはモバイルタイプだろう。おサイフケータイを持っている場合は、QUICPayを申し込んで利用してみて欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 電子マネー
-,

© 2020 ポイ探ニュース