コラム テクニック

ポイント活用3原則 ?持ちすぎない、貯めこまない、ポイントのために行動しない?

筆者は新聞、雑誌、テレビなどの取材を受けることが多い。取材時に多い質問は「ポイントを上手に貯めるには?」「ポイントを上手に使うには?」「ポイントで気をつけることは?」だろう。

今回は「ポイント活用3原則」を紹介したい。

持ちすぎない

クレジットカード・ポイントカード・電子マネーまず、ポイントカードやクレジットカード、電子マネーを持ちすぎるのはやめた方が良いだろう。筆者はクレジットカード、ポイントカード、電子マネーは大量に保有しているが、これは仕事のために保有しているだけであり、クレジットカードのメインカード、サブカードとしては2?3枚程度となる。

なぜクレジットカードやポイントカードをたくさん保有してはいけないのか。ポイントカードやクレジットカードを大量に保有すると、ポイントが分散して、結局使えなくなる場合が多い。理論的には○%還元だが、実際に使えるまで貯め、使わなければ0%還元となる。使えないポイントは貯めるだけ無駄だ。

もちろん、全てのポイントの有効期限、ポイント数を把握し、全てのポイントを消費できている場合は、たくさん持っていても問題ない。

貯めこまない

Pontaポイントの明細筆者はポイントはこまめに使うことを推奨している。理由は、ポイントは保証のない通貨だからだ。

ポイントは企業が勝手に変更することができる。1ポイント=1円として利用できたものが、明日から2ポイント=1円に変更します、10ポイント以上で利用できたものが、明日から100ポイント以上に変更します、というも可能となっている。

さらにポイントを盗まれた場合も保証はない。「ポイントは誰のものなのか?」というコラムを書いたことがあり、ポイント盗難被害があったとしても、被害にあったのは企業となる。

このポイントは使うことによってのみ権利が確定し、はじめて自分のものとなる。ポイントは使うまでは自分のものではないということを覚えておいて欲しい。

ポイントのために行動しない

ポイントを気にし始める人に多いのだが、「ポイントを貯めること」が目的になってしまう場合がある。ポイントはあくまでもおトクに生活することが目的であり、貯めることは目的ではない。

貯めることが目的になると、ポイントを貯めるためにちょっと遠くのコンビニに行ったり、198円の買い物の時に10円分上乗せして1ポイント多く貯めたり、5%OFFと5%ポイント還元で5%ポイント還元を選んだりしてしまう。

おトクのためにポイントを活用するのであり、ポイントを貯めることを目的とすると、ポイント疲れや無駄な買い物が増えてしまうので注意しなければならない。


「持ちすぎない、貯めこまない、ポイントのために行動しない」を守り、自分のできる範囲でポイント生活を楽しんで欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, テクニック
-, ,

© 2023 ポイ探ニュース