ヤマダNEOBANKデビット(Mastercard)がApple PayとGoogle Payに対応

デビットカード

ヤマダNEOBANKデビット(Mastercard)がApple PayとGoogle Payに対応

ヤマダNEOBANKでは、2022年9月28日(水)より、ヤマダNEOBANKデビット(Mastercard)をApple PayとGoogle Payに対応した。

ヤマダNEOBANKデビット(Mastercard)をAndroidのGoogle Pay、iPhoneなどのApple Payに登録すると、スマートフォンをかざすだけで支払う事が可能となる。

ヤマダNEOBANKデビット付キャッシュカード(Mastercard)またはヤマダNEOBANKスマホデビット(Mastercard)で設定できる。

Google Payの場合はMastercardコンタクトレス対応加盟店で、Apple Payの場合はMastercardコンタクトレス対応加盟店やiD加盟店で利用する事が可能だ。

なお、ヤマダNEOBANKデビット付キャッシュカード(Mastertcard)の発行手数料は2022年10月以降1,100円(税込み)となる予定だったが、2023年9月末まで期間が延長となった。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-デビットカード
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース