PayPayアプリで有価証券を売買できる「PayPay資産運用」を開始

QRコード・バーコード

PayPayアプリで有価証券を売買できる「PayPay資産運用」を開始 PayPayマネーのみが利用可能

PayPayとPayPay証券は、2022年8月2日(火)より、PayPay内のミニアプリで有価証券の買い付けや売却ができる「PayPay資産運用」を開始した。

PayPay資産運用は、証券口座を開設し、有価証券の買い付け・売却をPayPayマネーでできるサービスだ。100円から1円単位で取引できる。売却するとPayPayマネーに即時チャージされ、PayPay残高として加盟店で利用する事ができる。PayPayのチャージ上限を超える場合、またはPayPayマネーの残高が100万円を超える場合はPayPayへのチャージはできない。

PayPayマネーは本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMなどでチャージした残高となり、PayPayカードやソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いなどでチャージしたPayPayマネーライトではPayPay資産運用の利用はできない。

既にPayPay証券の口座を保有していると、PayPay資産運用上でログインすると、申請手続きなどは不要で、すぐに資産運用が可能となる。

取引可能な6つのコースは、スタンダードコースとしてSPDR S&P 500 ETF、テクノロジーコースとしてインベスコQQQ、チャレンジコースとしてDIREXION S&P 500 3X、金(ゴールド)コースとしてSPDRゴールド・シェア、フラットキープコースとしてiシェアーズ 米国短期国債、ESGコースとしてiシェアーズMSCI米国ESGセレクトがある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-QRコード・バーコード
-, , ,

© 2024 ポイ探ニュース