福岡市地下鉄、障がい児向け「小児はやかけんポイント」を開始

電子マネー

福岡市地下鉄、障がい児向け「小児はやかけんポイント」を開始

福岡市地下鉄では、2022年7月1日(金)より、障がい児の方が「小児はやかけん」を改札機にタッチするだけで地下鉄をスムーズに利用できるように、新しいポイント制度を開始する。

これまで、小児料金の割引が適用される傷害時が地下鉄を利用する場合、駅係員に障害者手帳を提示し、券売機で乗車券を購入する必要があった。

新たに、現在の乗車券の購入方法に加え、事前登録を行った「小児はやかけん」で地下鉄を利用すると、一端賞に料金を支払うが、利用の翌月に割引料金との差額が「はやかけんポイント」として獲得することができるようになる。

ポイント付与を受けるには、「小児はやかけん」のカード番号や障がい者手帳島の写しでの事前登録が必要だ。2022年6月15日(水)からwebサイトでの申請または郵送で受け付ける。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース