電子マネー

余った外貨を電子マネーなどに交換できるTravelersBox、空港などで計25台の専用端末を設置

余った外貨を電子マネーなどに交換できるTravelersBox、空港などで計25台の専用端末を設置TravelersBoxは、空港や駅、バスターミナルなど、全国各地の施設から計25台の設置を受注し、2017年12月末までに、全国で200台の専用端末設置を行うと発表した。

TravelersBoxは、余った外貨を電子マネーやギフトカード、プリペイドカードに交換するサービスで、2016年7月29日(金)に成田国際空港第1ターミナルでサービスを提供している。

対象通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、人民元、台湾ドル、韓国ウォン、香港ドル、タイバーツ、豪ドル、加ドル、ポンド、トルコリラ、ルーブル、シンガポールドルとなる。

提携している電子マネーなどは、Facebook、Skype、VISA Prepaid、Mastercard Prepaid、PayPal、Viber、QIWI、Amazon.cn(中国のみ)、Neteller、Skrill、Yandex Money、iTunesとなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-

© 2020 ポイ探ニュース