JR九州、一部区間の特急券をPayPayのコード決済で決済できる実証実験を開始

QRコード・バーコード

JR九州、一部区間の特急券をPayPayのコード決済で決済できる実証実験を開始

JR九州は、2022年1月7日(金)~2022年3月31日(木)まで、一部区間の特急列車を対象に、PayPayのQRコード決済機能を活用した特急券の導入についての実証実験を行う。

券売機や窓口に立ち寄らずに特急券を購入でき、鹿児島本線の門司港・博多間、および日豊本線の小倉・行橋間の在来線特急列車停車駅相互間が対象だ。

特急列車停車駅に、当駅発の特急料金が設定されたQRコードが掲示される。PayPayアプリで決済を行う。特急列車車内では、係員にPayPayアプリの「取引履歴」から当該特急券の決済画面を提示。画面遷移ができない、アニメーションがない場合などは無効となる。

特急券の有効期限は決済から2時間以内で未使用の場合のみ利用可能だ。払戻はPayPayで行われ、手数料として220円が必要となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-,

© 2022 ポイ探ニュース