松屋銀座でJPYCを利用した買い物が可能に

プリペイドカード

松屋銀座でJPYCを利用した買い物が可能に

松屋銀座では、2021年12月6日(月)~2022年11月30日(水)までの間、日本円連動型ステーブルコイン「JPYC」を導入する。

JPYCは日本円連動型ステーブルコインとなり、常に1 JPYC=1円での売買に利用可能だ。QUOカードPayやVプリカギフト等を購入することが可能だったが、新たに松屋銀座での利用が可能になった。

​対象売場は1階 インターナショナルブティック、2階 インターナショナルブティック、4階 宝飾・時計、7階 家具・インテリアとなり、200万円未満の商品が対象となる。

購入時にはお取り置き票に記入し、商品代金、送料、消費税などの合計金額相当のJPYCを当日中にJPYC社に送付。送付確認後の翌営業日に松屋銀座で商品を受け取るか配送してもらう事でJPYCによる買い物が可能となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-プリペイドカード
-,

© 2022 ポイ探ニュース