You Are Here: Home » プリペイドカード » 三井住友カード、IoTベンチャーのTenTenと自販機のキャッシュレス決済普及に向けてプリペイド決済サービスを展開

三井住友カード、IoTベンチャーのTenTenと自販機のキャッシュレス決済普及に向けてプリペイド決済サービスを展開

三井住友カード、IoTベンチャーのTenTenと自販機のキャッシュレス決済普及に向けてプリペイド決済サービスを展開

三井住友カードは、2019年7月12日(金)に、IoTベンチャーのTenTenと資本業務提携を行い、飲料自販機マーケットのキャッシュレス決済の普及に向けてプリペイド決済サービスを展開すると発表した。

日本では、飲料自販機をはじめとする自販機・自動精算機などでクレジットカードや電子マネーなどでは高額な決済端末の導入や決済データを処理するための通信費などが負担となっている。

TenTenと三井住友カードは飲料事業者に、決済端末の低廉化および決済データ処理にかかる通信コストを大幅削減し、飲料事業者のキャッシュレス導入ハードルを引き下げる。また、消費者のキャッシュレス決済による商品購入と連動したスタンプサービスやポイントサービスなどを通じたロイヤリティプログラムの提供や、プリペイド式のキャッシュレス決済サービスを展開する。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7223

© 2013 ポイ探

Scroll to top