三井住友カード、VpassアプリにSBI証券の口座連携機能を追加

クレジットカード

三井住友カード、VpassアプリにSBI証券の口座連携機能を追加

三井住友カードは、2021年12月1日(水)より、VpassアプリにSBI証券の口座連携機能を追加した。

三井住友カードとSBI証券は、2021年6月30日(水)より、三井住友カードが発行するクレジットカードでSBI証券の投資信託が買えるサービスを開始し、SBI証券での取引状況に応じてポイントが貯まるサービスも開始している。

三井住友カードが提供するVpassアプリに、SBI証券の口座連携機能が追加され、Vpassアプリのホーム画面でSBI証券の資産合計を確認する事が可能だ。資産詳細画面からは、株式・投資信託などの内訳の確認のほか、指標・株価などの確認のためにSBI証券のwebサイトにアクセスすることもできる。

2022年5月には、三井住友カードの利用で貯まるVポイントを1ポイント=1円としてSBI証券の投資信託の買付に利用できる「Vポイント投資」の開始も予定している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース