横浜市交通局、市営路線バスでVisaのタッチ決済による実証実験を実施

クレジットカード

横浜市交通局、市営路線バスでVisaのタッチ決済による実証実験を実施

横浜市交通局では、2021年10月1日(金)~2022年9月30日(金)の間、横浜市の市営バス一部路線で「Visaのタッチ決済」を利用した運賃収受実証実験を実施する。

実証実験では、Visaのタッチ決済を利用できる機器を車内に設置し、利用者が保有しているタッチ決済に対応したカードによりバス運賃を収受できるものとなる。

2021年10月1日(金)に新設される、109系統で交通系ICカード、市営バス定期券、1日乗車券での利用に加え、Visaのタッチ決済での利用が可能となる。

109系統 特急便は横浜駅前(東口14番乗り場)⇒大黒税関正門前・C3バース、スカイウォーク前・大黒海づり公園⇒横浜駅前で、大人220円、小児110円で運行する。

バス社債運賃箱に、Visaのタッチ決済の読み取り機器が設置され、対応したカードをかざすと支払う事が可能だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-,

© 2021 ポイ探ニュース