ポイント・マイルに関するあらゆる情報がここに

ポイ探ニュース

ミクシィのプリペイドカード「6gram」がアップデート! 半透明のリアルカードに加え、Visaのバーチャルカードも発行可能に!

ミクシィのプリペイドカード「6gram」でリアルカードの発行が開始した。JCBではなくVisaブランドでの発行となる。

JCBプリペイド「6gram」って何? バーチャルカードを何枚でも発行でき、グループ機能なども面白い!

6gram - クレジットカードの重さの5gに1gを追加したのがミクシィのJCBプリペイドカードだ。 クレジットカードの重さは5g ミクシィらしく招待制となるが、6gramのアプリから招待リクエストを ...

続きを見る

6gramはチャージ時にポイントが貯まるクレジットカードやプリペイドカードなどもあり、人気になりつつある。

早速申し込みしてみることに。6gramの「ウォレット」画面から「リアルカード申込み」をタップ。

6gramのリアルカード申込み

800円の発行手数料が600円になっているのはキャンペーン中のためだが、キャンペーン終了時期は未定とのこと。また、ニュースリリースなどでは3色のカードしか発表されていないが、ブラックも発行できたため、今回はブラックを申し込むことにした。

ミクシィ、6gramのリアルカード「6gramリアルカード」をVisaブランドで発行

ミクシィは、2021年6月8日(火)より、モバイルウォレットアプリ「6gram」アプリ上から申込・発行でき、国内外のVisa加盟店で利用できるプリペイドカード「6gramリアルカード」の発行を開始した ...

続きを見る

申し込むには本人確認が必要だ。

6gramのリアルカード申込の流れ

「本人確認」をタップして、免許証などをアップロード。顔の撮影などを行うと、オンラインで本人確認が完了する。

6gramのリアルカード申込時の本人確認

全て内容を確認し「申込み」ボタンをタップすると申込が完了だ。

6gramのリアルカード申込

ボタンが「リアルカード申込み」から「リアルカード申込み中」に切り替わった。

6gramのリアルカード申込ボタンが「申込み中」に

10日程度でカードが発行されたと言う通知があり、翌日ポストに投函。

6gramのリアルカード発送通知

カードの有効化するまで利用できないため、ポスト投函で良いのだろう。ただし、封筒を見ても、最初は何かわからなかった。

6gramが入っている封筒

裏を見ると「6gram」とあるため、ようやく6gramのリアルカードが届いたことがわかった。

6gramの封筒裏

カードは半透明で、非常におしゃれなカードとなる。裏面はチップなども見える構造となっており、なかなか面白い。

6gramのICチップ裏面

カード番号や有効期限、名前などは一切書かれておらず、ネットで利用する場合はプリペイドカード番号を表示して利用する。

このカードは有効化されておらず、最初に有効化する必要がある。アプリでアカウントの紐付けを行うが「カードを読み取る」ボタンをタップすると、「リアルカードに端末をかざしてください」と表示され、マイナンバーやSuicaの読み取りするようにかざしてみた。リアルカードが紐付けされたとメッセージが表示され、「リアルカード利用」をONにすると利用可能だ。なお、OFFにしておけば、リアルカードとしては利用できないため、支払う前にONに設定するのが良いだろう。

6gramのリアルカードを有効化

6gramのバーチャルカードはJCBのみだったが、リアルカード発行のタイミングでVisaブランドのカードも発行可能だ。VisaブランドでもJCBブランドでも、残高は同じため、オンラインでは好きな方で決済すれば良い。

6gramのバーチャルカードVisaブランド

ただし、アップデート後、バーチャルカードの2枚目以降は100円の有料となっているため注意が必要だ。筆者は、アップデート前にJCBブランドのバーチャルカードを発行していたが、アップデート前の枚数はカウントされていないようだ。

6gramのバーチャルカードは1枚目無料、2枚目以降は100円

実際にローソンで6gramのリアルカードでVisaのタッチ決済を利用して支払ってみた。「Visa Prepaid」として認識され、残高から支払われた。

ローソンで6gramのリアルカードを使ってみた

なお、リアルカードとバーチャルカードは残高を共有しているだけのため、リアルカードのカード番号という考え方はないのだろう。ローソンのレシートに表示されている「会員No」とバーチャルカードの下4桁は全て異なるため、リアルカードの実際の番号は別の番号となる。アプリでカード番号を確認するというメニューも見当たらない。

還元率という点では、6gram単体であまりおトクではないが、他社カードからチャージする事によって、様々なポイントを獲得でき、VisaやJCB加盟店、QUICPay加盟店など、幅広い店舗で利用できる6gramはなかなか面白いカードだろう。

  • B!