JR西日本、2021年4月から時差通勤でICOCAポイントが貯まるサービス「ICOCAでジサポ」を開始

電子マネー

JR西日本、2021年4月から時差通勤でICOCAポイントが貯まるサービス「ICOCAでジサポ」を開始

JR西日本は、2021年4月1日(木)~2022年3月31日(木)まで、時差通勤でICOCAポイントが貯まる新サービス「ICOCAでジサポ」を開始する。

「ICOCAでジサポ」は、平日朝のピーク時間後の通勤利用でICOCAポイントが貯まるサービスだ。期間中に、通勤用のICOCA定期券で、対象駅から大阪都心部の33駅に9:15~10:30に出場した場合に、利用1回毎にICOCAポイントが20ポイント貯まる。また、毎月10回、15回の利用でそれぞれボーナスポイントが30ポイント貯まる。

時差通勤のポイントは1ヵ月間で集計し、翌月中に付与される。平日数に応じて毎月の上限が420~500ポイントに設定され、それ以上のポイントを獲得することはできない。なお、ICOCAポイントサービスの利用登録が無い場合は対象外となるため、事前登録が必要だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース