クレジットカード

JALカード、対象カードでは利用明細書を郵送の場合は発行手数料が必要に

JALカードでは、2021年6月10日(木)請求分の利用明細書より、対象カードで郵送を選択している場合は発行手数料が90円(税抜)が発生する。

三菱UFJニコスの発行するJAL・Mastercard、JAL・Visaカード、JALカード TOKYU POINT ClubQ、JALアメリカン・エキスプレス・カードが対象だ。

JAL・Mastercard、JAL・Visaカード、JALカード TOKYU POINT ClubQの場合は、2021年5月15日(金)までにオンライン明細書切り替えサービスに登録することで郵送による利用明細書がストップするため、6月10日(木)以降の発行手数料が無料となる。

JALアメリカン・エキスプレス・カードの場合は、2021年5月18日(月)までにWEB明細チェックに登録する事で6月10日(木)以降の発行手数料が無料となる。

なお、分割払、ボーナス一括払い、リボ払いなどの利用代金が含まれている場合は、利用明細書の郵送が必要となるため郵送でも発行手数料はかからない。また、満75歳以上の場合なども無料だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース