電子マネー

茨城県日立市、市役所窓口や観光施設などで電子マネー決済に対応

茨城県日立市は、2019年7月1日(月)より、市役所や各支所の窓口、観光施設などに電子マネー決済システムを導入すると発表した。

窓口などでの手数料や使用料などの支払時に、あらかじめチャージしたカードやスマートフォンなどを専用の読み取り機にかざすだけで支払いすることができる。

支払い対象となるのは窓口で受領する比較的少額の各種証明書の交付手数料、施設の使用料などとなり、利用できる電子マネーはSuicaやPASMOなどの交通系ICカード、nanaco、WAON、iD、楽天Edy、QUICPayだ。

市民課、多賀支所、南部支所、豊浦支所、日高支所、西部支所、十王支所、市民税課、かみね動物園、日立シビックセンター、奥日立きららの里、鵜来来の湯十王、久慈サンピア日立スポーツセンター、たかはら自然体験交流施設、日立駅情報交流プラザの15ヶ所24台で導入される。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース