電子マネー

Suica・PASMO、改札出場時でもオートチャージサービスの利用が可能に

JR東日本とPASMO協議会は、2018年3月17日(土)より、改札出場時もSuica・PASMOのオートチャージサービスを利用できるようにすると発表した。

現在、自動改札機でのオートチャージサービスは、改札の入場時のみとなっているが、3月17日(土)以降は改札の出場時でも利用可能となる。

鉄道での長距離移動時や、駅ナカでの買い物後の出場時などに残高不足になりにくくなる。ただし、オートチャージの実施時に残高が利用運賃に満たない場合は、精算機で現金での精算や、Suicaアプリでのチャージが必要になる場合もある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース