キャンペーン クレジットカード

タカシマヤ友の会・タカシマヤカードよりもおトクな世田谷区の「わくわく区内共通商品券」

タカシマヤカードは入会の初年度から8%のポイント還元を受けられる。高島屋でさらにおトクに買い物したい場合はタカシマヤ友の会「ローズサークル」で積み立てると良い。1万円を12ヶ月積み立てると、満期時には13万円分の買い物に利用できる「お買物カード」が手に入る。

このタカシマヤ友の会よりもおトクな商品券が現在募集中となっている。2015年5月19日(火)から2015年5月25日(月)までの受付となるが、世田谷区商店街振興組合連合会が20%のプレミアムが付いた「わくわく区内共通商品券」を予約販売している。

10,000円で12,000円分の商品券となり、「世田谷区内共通商品券」の取り扱い店舗で利用可能だ。この対象店舗に玉川高島屋が含まれている。さらに、ローズサークルのお買物カードは玉川高島屋S・C内専門店街では利用できないが、世田谷区内共通商品券は専門店でも利用が可能となっている。

プレミアム付きわくわく区内共通商品券以下の対象者は優先予約が可能だ。

  1. 65歳以上の高齢者
  2. 障害のある方
  3. 子育て世代(中学3年生までの子供がいる)

筆者は子育て世代となるため、最大の10セット(10万円分)を申し込んだ。

申し込み方法は、専用Webサイト内の「ネット予約受付」をクリック。ログインID(メールアドレス)、パスワード、住所、氏名等を入力して申し込む。なお、世田谷区在住ではなくても東京都民であれば申し込みが可能だ。ただし、受取は世田谷区内の65箇所の商店街・信用金庫となり、利用場所も世田谷区内限定となっている。

なお、プレミアム20%付わくわく区内共通商品券の利用期間は2015年6月20日(土)から2015年12月19日(土)までとなる。

[プレミアム20%付 わくわく区内共通商品券]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-キャンペーン, クレジットカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース