You Are Here: Home » クレジットカード » イオンカード、カード表面の磁気ストライプの磁気不良をATMで復元するサービスを開始

イオンカード、カード表面の磁気ストライプの磁気不良をATMで復元するサービスを開始

イオンカード、カード表面の磁気ストライプの磁気不良をATMで復元するサービスを開始

イオン銀行は、2018年6月18日(月)より、イオンカードのカード表面の磁気ストライプの磁気不良をATMで復元するサービスを開始した。

近年、スマートフォンなどの時期が強い物と一緒にカードを保管する機会が増え、クレジットカードの磁気不良も増加傾向となっている。新たなサービスは、イオンカードの磁気データが読み取りできず、取引できない場合にイオン銀行ATMで磁気ストライプを復元可能となる。

2018年6月18日(月)以降、イオン銀行ATM全6,196台で利用可能となり、6:00~24:00まで磁気データの復元が可能となる。対象カードはイオン銀行発行のIC付きクレジットカードとなり、イオンカードセレクトやキャッシュ+デビット、デビットカードも対象だ。なお、有効期限切れカードや物理的に破損したカードは対象外となる。

磁気不良のカードの場合、イオン銀行ATMで「イオンカード」をタップし、「カード磁気データの復元」をタップする。イオンカードを挿入すると10秒程度で磁気の再書き込みが完了する。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 5835

© 2013 ポイ探

Scroll to top