You Are Here: Home » QRコード・バーコード

ポケットチェンジ、シェフのためのコワーキングスペース「re:Dine GINZA」に新設 店内の独自通貨「favyPay」へのチャージも可能に

ポケットチェンジは、2019年1月17日(木)にオープンするシェフのためのコワーキングスペース(レストラン)「re:Dine GINZA(リダイン銀座)」に、外貨を国内外の電子マネーに交換可能なポケットチェンジ端末を新設した。 店内のポケットチェンジ端末では、外貨や日本円から、オリジナル電子マネー発行プラットフォーム「ポケペイ(ポケットチェンジPAY)」を採用して発行された独自通貨「favyPay」にもチャージできる。ポケペイ(ポケットチェンジPAY)は、初期システム構築費用、決済手数料が無料で、無料で提供されるSDKを利用すれば自社アプリに搭載することもできる。また、QRコード決済以外にも、スマホタッチでの支払にも対応。 favyPayは、「re:Dine GINZA」の他、「coffee mafia」全店など、favyの直営店舗で利用できるfavyの独自通貨(オリジナル電子マネー)となっている。 favy ...

Read more

Origami Pay、佐賀銀行と提携 佐賀銀行の口座から直接支払が可能に

Origamiは、2019年1月15日(火)より、スマホ決済サービスOrigami Payで佐賀銀行と提携した。 Origamiアプリをダウンロードし、「銀行口座とカード」から「銀行口座を登録する」を選択肢、口座番号などの必要情報を入力することで、預金口座とOrigami Payを紐付けることが可能だ。 佐賀銀行の口座をOrigamiアプリに直接連携することで、ローソンなどでOrigami Payを利用した店頭でのQRコード決済の際に、リアルタイムに預金口座から決済代金を引き落とすことができる。 Origami Payの加盟店は、ローソン以外には吉野家、阪急百貨店などがある。 ...

Read more

楽天、「楽天生命パーク宮城」と「ノエビア スタジアム神戸」を完全キャッシュレス化に

楽天は、2019年開幕戦より、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」および、J1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」で、完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」を発表した。 チケットや飲食、グッズなど、両スタジアム内で購入できる物は、スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」、電子マネー「楽天Edy」、共通ポイントカード「楽天ポイントカード」、クレジットカードの「楽天カード」やVisa、Mastercard、JCB、American Expressのブランドカード、「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種ブランドデビットカードでの決済のみとなる。 また、スマートスタジアム構想として、モバイルを活用したサービスや演出、動画コンテンツの活用を予定している。 楽天生命パーク宮城では、2006年3月 ...

Read more

神奈川県の藤沢商工会議所・鎌倉商工会議所がキャッシュレス決済サービスの導入を推進

神奈川県の藤沢商工会議所と鎌倉商工会議所は、2018年12月21日(金)に、ネットスターズとNTT東日本と提携し、各会員向けにキャシュレス決済サービスを特別条件での提供を開始していくと発表した。 希望する会員には、ネットスターズのQRコード決済サービスを利用できるアプリ「StarPay」を提供する。QRコード決済専用端末を希望する場合は、ネットスターズの「Sunmi V1S」を、QRコード決済に加え、クレジットカードや電子マネーに対応した専用端末を希望する場合はNTTデータの「CAFIS Arch」の提供となる。 対応するQRコード決済はWeChat Pay、Alipay、LINE Payの3サービス。対応するクレジットカードはVisa、Mastercard、銀聯の3ブランド。対応する電子マネーは交通系IC、nanaco、WAON、楽天Edy、iDの5サービスに対応する。 藤沢商工会議所と藤沢商工会議所では、 ...

Read more

宗教法人平等寺、お賽銭のスマホ決済サービスを開始 Amazon Payやd払い、pringなどに対応

徳島県阿南市の四国八十八ヶ所霊場第二十二番札所の宗教法人平等寺は、2018年12月25日(火)に、ニッポンタブレットと事業連携協定を締結した。 お賽銭のスマホ決済だけでなく、お守りや納経帳の購入や寄進など様々なサービスに対応する予定だ。 徳島県阿南市の平等寺は、高野山真言宗の寺院として年間10万~20万人の巡礼者を迎え、昨今の外国人観光客や若者の巡礼者の増加に対応するため、キャッシュレスの実証実験実施を決定した。 ニッポンタブレットは、スマートフォンによるキャッシュレス決済機能を搭載したタブレット端末を無料貸与し、お寺を訪れる方々がスマホ決済を体験できる機会を提供する。 ニッポンタブレットで利用できる決済サービスは、Amazon Pay、d払い、pring、PAY ID、WeChat Pay、Alipay、NETS Payとなり、2019年5月までには、新たに10決済ブランドの利用が可能になる予定だ。 初詣や ...

Read more

PayPay、3Dセキュアに対応 クレジットカードでの決済金額上限も変更に

PayPayは、2019年1月より、クレジットカード登録時に3Dセキュア(本人認証サービス)に対応すると発表した。 現在は、クレジットカード登録時にクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードで登録でき、外部で入手したクレジットカード情報を利用した不正利用被害があったため、2019年1月からは3Dセキュアによるパスワード入力が必要となる。3Dセキュアに対応していないクレジットカードの場合は登録ができなくなる。 なお、3Dセキュアの対応が完了するまでの対策として、2018年12月21日(金)に、クレジットカード利用時の上限金額の設定を実施しているが、3Dセキュア対応後は、利用者毎にそれぞれ異なる上限金額の範囲で利用できるようになる。 ...

Read more

セイコーマート、LINE Payのコード決済を導入 5%還元キャンペーンも実施

北海道を中心に、関東を含めた1,201店舗のコンビニを展開するセイコーマートは、2018年12月25日(火)からLINE Payのコード決済サービスを導入した。 LINE Payは、LINEアプリの「ウォレット」から「コード支払い」をタップすることで表示されたバーコードを見せると支払うことができる。支払には、事前チャージが必要となり、銀行口座の振替やコンビニでのチャージが可能だ。 支払時には前月の支払実績に応じ、0.5~2%のLINEポイントを貯められ、1ポイント=1円として利用する事もできる。さらに、2019年7月末までは、コード決済時に3%のLINEポイントを獲得することも可能だ。 2018年12月25日(火)~2019年1月31日(木)、2019年2月1日(金)~2019年2月17日(日)までの間、セイコーマートでLINE Payの「コード支払い」すると5%分がLINE Pay残高で還元するキャンペーン ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top