You Are Here: Home » マイレージ

ソラシドエア、新型コロナウイルスの影響に伴うマイレージサービス「ソラシドスマイルクラブ」の特別対応を発表

ソラシドエアは、2020年2月29日(土)~9月30日(水)に有効期限を迎えるマイルの期限を延長すると発表した。 新型コロナウイルス感染症の影響や緊急事態宣言による感染拡大防止のための外出自粛などが継続しており、ソラシドエアの期間中のマイルは一度失効するが同数のマイルが自動積算され、実質マイルの有効期限が延長される。 2020年2月末~5月末までの有効期限マイルは2020年6月1日(月)に再積算され、2021年5月末までの有効期限が設定される。2020年9月末までのマイルが対象となり、2021年9月末までの1年延長だ。 さらに、ソラシド ファーストメンバーズについても2021年度も継続適用される。2020年1月1日(水)~12月31日(木)までの期間で判定する2021年度ソラシド ファーストメンバーズについては、通常搭乗回数が20回以上かつSolaseed Airゴールドカード会員となるが、搭乗回数が10回に ...

Read more

ミニストップ、電子マネーWAONで自動車税・軽自動車税の支払いサービスを開始

ミニストップでは、2020年5月4日(月)より、電子マネーWAONで一部の自動車税・軽自動車税の支払いサービスを開始した。 イオンカード(WAON一体型)、JMB WAONカードも対象となり、支払い時のWAONポイントは獲得できない。 払込票の91に続く6桁の番号が「548527」「548953」「548958」「548972」「549084」「549770」「550107」「929170」「929185」「929186」「929208」「929233」「959919」「959982」が対象となる。それ以外の払込票の場合は、電子マネーWAONでの支払いはできない。 JMB WAONの場合はJAL・JCBカード、JAL・Visaカード、JAL・Mastercard、JALカード TOKYU POINT ClubQでチャージするとJALのマイルを貯めることが可能だ。なお、JALアメリカン・エキスプレス・カード、J ...

Read more

JALマイレージバンク会員向け銀行サービス「JAL NEOBANK」が誕生

JALペイメント・ポートと住信SBIネット銀行は、「JAL NEOBANK」の受付を2020年4月28日(火)より開始する。 「JAL NEOBANK」は、JALマイレージバンク会員専用のネット銀行口座で、アプリの中で預金や決済なと言った銀行機能が完結できる。銀行取引に応じてマイルを貯めることも可能だ。 JAL NEOBANK口座に現金で入金し、口座残高からアプリを使ってJAL Global WALLETへのチャージも可能となる。JAL NEOBANKで外貨を両替してからJAL Global WALLETにチャージすると、為替手数料を安く抑えることも可能だ。JAL NEOBANKの会員同士であれば、相互送金がアプリ上で簡単に行うこともできる。 JAL NEOBANKは、満18歳以上のJAL Global WALLET会員が申し込みでき、入会金や年会費は無料。 ...

Read more

ANA、ダイヤモンドサービスやプラチナサービスなどのステイタスを1年延長

ANAは、2020年4月24日(土)に、「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」のステイタスを1年延長すると発表した。 2021年度の2021年4月~2022年3月までの間、2020年度の「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」メンバーのステイタスをそのまま利用する事が可能となる。 2020年1月~12月の実績が、2020年度よりも上位のステイタスを獲得した場合は、2021年度のステイタスとして適用される。 なお、マイルやANA SKYコインの有効期限については既に発表のあるとおり、2021年3月末まで有効期限が延長される。 ...

Read more

JAL、スマホアプリの国際線機能をリニューアル JALOALOカードがアプリに搭載

JALは、2020年4月22日(水)に、JALアプリの国際線に関する機能をリニューアルした。 国際線でも予約情報の自動表示、運行情報や搭乗に関する通知をリアルタイムに受けることが可能となった。 JALハワイ線のサービス「JALOALO(ジャロアロカード)」が自動で表示され、現地でもJALアプリに表示されたカードを提示するだけで利用可能となる。従来は、カードの申込手続などが必要だったが、アプリ化により利便性が向上した。 空港ターミナルマップ・経路案内機能も搭載し、現在地から搭乗口・ラウンジなどの任意の地点までの経路や所要時間がわかりやすくなる。国内空港の羽田・成田に加え、シカゴ、ダラス、ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ)、ロサンゼルス、ホノルル、ロンドン(ヒースロー)、パリ(シャルルドゴール)(5月提供開始予定)、フランクフルトが対象だ。 ...

Read more

デルタ航空、スカイマイルのメダリオン会員資格等を延長

デルタ航空は、デルタ・スカイマイル・プログラムのメダリオン会員に対して、2020年と同様の会員特典を2021年末まで提供すると発表した。 また、2020年に獲得するメダリオン資格マイル(MQM)は、2021年に繰り越され、2022年のメダリオン会員資格を得るためのMQMとして換算される。 新型コロナウイルスの感染拡大の中、12ヵ月間の会員資格延長を行い、安心して旅行や出張などの準備ができるようになる。 その他、デルタ スカイクラブの個人会員およびエグゼクティブ会員で、2020年3月1日(日)以降に有効期限を迎える会員は、有効期限が6ヵ月延長となる。アップグレード証書または200ドルのトラベルバウチャーも2020年3月1日(日)~6月30日(火)までの有効期限のものは、2020年12月末まで延長され、7月1日(水)以降のものは現在の有効期限からさらに6ヵ月延長となる。 デルタ航空のマイルは無期限のため、マイル有 ...

Read more

エミレーツ航空、エミレーツ・スカイワーズの利用条件を特例緩和

エミレーツ航空は、マイレージプログラムの「エミレーツ・スカイワーズ」のマイル有効期限を2020年12月末まで延期すると発表した。 新型コロナウイルス感染症の影響により、失効が迫ったスカイワーズマイルを2020年12月末まで特典航空券や他の特典に交換できるようにする。 また、ティアステータスを維持する条件が満たせない場合でも、現在のステータスが2020年12月末まで延長される。さらに、ティアに通常必要な条件を80%満たすと、現在の会員ステータスを12ヵ月維持することが可能となる。 様々なマイレージプログラムやホテルのポイントプログラムで期間が延長される発表があり、エミレーツ航空も延長の発表となった。 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top