JCB、デジタルガレージ、大日本印刷が渋谷でNFCダグを活用した新決済サービスを開始

クレジットカード

JCB、デジタルガレージ、大日本印刷が渋谷でNFCダグを活用した新決済サービスを開始

JCB、デジタルガレージ、大日本印刷は、2022年中にNFCタグを活用した新決済サービスを渋谷区で開始する。

NFCタグは、非接触型のICタグで、スマートフォンをかざすだけで情報を読み取ることができ、店舗に設置されたNFCタグにスマートフォンをかざすと、webブラウザーが起動し、表示された画面で決済する事ができる。

消費者が決済金額を入力する決済方法や、表示されたメニューや商品から選択する決済方法などがあり、店頭でカードを財布から出したり、決済アプリを探して決済アプリを起動したりする必要がない。JCBやAmerican Expressを登録したApple Pay、Google Payを利用できる。

店舗はNFCタグや店舗管理アプリ、店頭POPなどを無料で利用できるが、各ブランドとの加盟店契約は必要だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース