楽天Edy、J-Debit対応金融機関の銀行口座から直接チャージを2022年7月中旬より開始

電子マネー

楽天Edy、J-Debit対応金融機関の銀行口座から直接チャージを2022年7月中旬より開始

楽天Edyでは、2022年7月中旬より、銀行や信用金庫などのJ-Debit対応金融機関の銀行口座から直接チャージできる機能を追加する。

楽天Edyは、事前に設定すると支払い時に楽天ポイントなどを貯めることができる電子マネーだ。利用するにはチャージが必要だが、これまでのチャージ機では、現金によるチャージのみ受け付けていた。新たにJ-Debitの加盟店金融機関として大垣共立銀行の支援を受け、J-Debit対応金融機関の銀行口座から直接チャージできる機能を実装。

利用者は普段使いのキャッシュカードで、対象金融機関から直接「楽天Edy」にチャージする事が可能となり、現金を用意する手間がなくなり、時間外や土日の引き出し手数料がかからなくなる。

多機能チャージ機を設置している店舗では、定期的に現金回収作業が発生していたが、作業の低減にも繋がる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース