青梅市内・奥多摩町内での観光型MaaS「TAMa-GO(たま・ごー)青梅・奥多摩」を実施 デジタルスタンプラリーも開催

クレジット

青梅市内・奥多摩町内での観光型MaaS「TAMa-GO(たま・ごー)青梅・奥多摩」を実施 デジタルスタンプラリーも開催

京王電鉄と京王エージェンシーは、青梅市内・奥多摩町内での観光型MaaS「TAMa-GO(たま・ごー)青梅・奥多摩」を2022年4月27日(水)~6月20日(月)まで実施するする。

「TAMa-GO(たま・ごー)青梅・奥多摩」は、2021年11月に実施した青梅エリアでの実証実験の第2弾となり、ゴールデンウィークを含む期間で予定されている。

「TAMa-GO(たま・ごー)青梅・奥多摩」では、非接触・キャッシュレスで購入できるおトクなwebチケットを発売し、事前の購入が可能となる。新たに奥多摩町内の指定区間のバスが1日乗り放題となる「奥多摩おでかけパス」を発売する。第1弾で提供していた「御岳山ケーブルカー往復乗車券」「青梅周遊パス(バス1日券)」「青梅周遊パスプラス(バス2日券+御岳山ケーブルカー往復乗車券)」も引き続き販売する。

観光施設を巡り、全25カ所で3カ所以上のスタンプを集めると、抽選で景品が当たるデジタルスタンプラリーも実施。

計画・移動・食事・体験など観光にあたっての一連のサービスをスマートフォンアプリ上で提供・サポートすることで、西多摩地域における観光客の利便性向上を図る。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-クレジット
-, ,

© 2024 ポイ探ニュース