名古屋鉄道、三井住友カードが提供する決済端末「stera terminal」を導入しミュースターポイントの利便性向上を目指す

クレジットカード

名古屋鉄道、三井住友カードが提供する決済端末「stera terminal」を導入しミュースターポイントの利便性向上を目指す

名古屋鉄道と三井住友カードは、2021年12月15日(水)にキャッシュレス決済環境の整備などで協業し、ミュースターポイントが貯まるクレジットカードの発行などを開始すると発表した。

名古屋鉄道では名鉄ミューズカードの利用やミュースターmanaca加盟店でのmanaca利用で貯まるミュースターポイントを運営している。

三井住友カードが提供するオールインワン決済端末「stera terminal」でミュースターポイントの付与や利用が可能となり、ミュースター会員はポイントの獲得や利用可能な施設が増加し、今まで以上にポイントが貯まりやすく・使いやすくなる。

今後、ミュースターポイントがおトクに貯まる提携クレジットカードの発行も予定している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース