総務省、マイナポイント事業を再延長検討

ポイントプログラム

総務省、マイナポイント事業を再延長検討

2021年7月30日(金)に行われた総務省 武田総務大臣閣議後記者会見では、マイナポイント事業に関する質問に対して再延長を検討すると回答した。

マイナポイント事業は2021年4月末までにマイナンバーカードを申請し、9月末までに対象のキャッシュレス事業者のサービスと連携することで、決済時またはチャージ時に最大25%のマイナポイントを獲得できる事業となる。

2021年2月以降、マイナンバーカードの申請が急増し、緊急事態宣言による外出自粛等もあり、地方自治体から確実にマイナポイントを付与できる事業期間を延長して欲しいとの要望があった。

事業期間を延長する方向で決済事業者との調整を行っており、8月上旬に発表予定となっている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース