関西電力、「はぴeポイント」で地域や社会を応援できるプロジェクトの2021年度版を開始

ポイントプログラム

関西電力、「はぴeポイント」で地域や社会を応援できるプロジェクトの2021年度版を開始

関西電力は、2021年5月24日(月)より、電気やガスの料金や使用料を確認できる会員向けサービス「はぴeみる電」の「はぴeポイント」で地域や社会を応援できる「はぴeポイント みんなでわっしょい!プログラム」の2021年度プロジェクトを開始した。

「はぴeポイント」は、電気・ガスの利用や「はぴeみる電」の利用、ネットショッピングの利用などで貯めることができるポイントだ。貯めたポイントは電気・ガス料金の支払いや他社ポイントへの交換などに利用できる。

関西電力は、2016年11月から、「はぴeポイント」で地域を盛り上げ、応援する「はぴeポイント みんなでわっしょい!プログラム」を展開している。ポイント保有者は、「技術・産業」「文化・伝統」「環境・自然」「社会・教育」の4テーマに関する各団体のプロジェクトから選定し、ポイントで応援できるプログラムとなる。

2020年度は、大阪府動物愛護管理センタープロジェクト、京都大学iPS細胞研究所プロジェクト、BOSAI POINTプロジェクトに合計20,413名による500万ポイント以上の支援が集まった。2021年度も、同様のプロジェクトを実施し、5月24日(月)から募集を開始した。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-,

© 2022 ポイ探ニュース