三菱UFJ銀行、取引内容で毎月Pontaポイントが貯まるサービスを開始

ポイントプログラム

三菱UFJ銀行、取引内容で毎月Pontaポイントが貯まるサービスを開始

三菱UFJ銀行は、2021年6月1日(火)より、「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」で、取引内容に応じてPontaポイントが貯まるサービスを開始する。

「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」は、取引内容に応じてATM手数料などが優遇される普通預金口座だ。6月1日(火)より、口座振替や投信積立などの取引に応じて毎月Pontaポイントを貯めることができる。

三菱UFJダイレクトへのログインで5 Pontaポイント、口座振替・三菱UFJデビット・クレジットカード引落しで10 Pontaポイント、投信積立・外貨つみたてで1万円につき30 Pontaポイント、運用商品残高が50万円以上で50 Pontaポイント、住宅ローン残高があれば50 Pontaポイントとなる。

また、手数料優遇条件も変更となり、1回当たり10万円以上の年金または給与の受取口座に指定、またはEco通帳を利用すると、三菱UFJ銀行ATMが何回でも無料となり、提携コンビニATMや他行宛振込手数料も無料(回数指定あり)となる。

Pontaポイントの受け取りは、6月13日(日)以降、三菱UFJダイレクトよりポイントサービスの申込が必要だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-,

© 2021 ポイ探ニュース