QRコード・バーコード

CAMPFIRE、キャッシュレス決済サービスのPayPayを導入 ペイペイジャンボ(オンライン)などのキャンペーンも対象

CAMPFIREは、2020年9月10日(木)16:00より、スマホ決済サービスのPayPayを導入すると発表した。

PayPayは、残高にチャージして利用したり、クレジットカードを登録して利用することができる。実店舗では提示されたQRコードをアプリで読み取ったり、アプリに表示されているQRコードやバーコードを読み取ってもらう事で支払いできるスマホ決済サービスだ。

オンラインでも利用することが可能となり、スマートフォンの場合は加盟店サイトでPayPay決済を選び、PayPayアプリを起動することで支払う事ができる。

新たにCAMPFIREでPayPayを利用する事が可能となり、法人格を有するプロジェクトオーナーが提供する購入型クラウドファンディングのプロジェクトが対象となる(順次、個人によるプロジェクトも対応予定)。なお、寄付型クラウドファンディングやCAMPFIREふるさと納税などは対象外だ。

PayPayでは、2020年9月中に、オンライン決済で10%が戻ってくるキャンペーンなどを実施しており、CAMPFIREもキャンペーン対象となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-,

© 2020 ポイ探ニュース