ポイントプログラム

BOSAI POINT PROJECT、電子マネー「nanaco」とのサービス連携を11月下旬から開始

ポイントを寄付して災害時に防災用品を届ける「BOSAI POINT」を運営する「BOSAI POINT PROJECT」は、2020年11月下旬よりnanacoポイントをBOSAI POINTを通じて寄付するサービスを開始すると発表した。

「BOSAI POINT」は様々なポイントを使って寄付するポイントドネーションシステムとなる。寄付されたポイントは被災地支援のため、金銭に換算して非常食や充電機器などの支援品の購入にあて、災害に備えてストックし、災害時に全国各地の避難所に届ける仕組みとなる。

現時点では北海道共通ポイントカードであるEZOCAポイントのみが対象となっており、11月下旬からnanacoポイントの連携を開始する。また、クレジットカードでの寄付も可能となっており、JCB、American Express、Diners Clubが対象だ。Visa、Mastercardブランドは順次開始予定となる。

2019年には、台風15号・19号の被災地である千葉県南房総市へ防災グッズとして非常用ゼリーを提供し、福島県いわき市ではプロジェクトスタッフがボランティア支援にも参加した。2020年2月には横浜港沖停泊中に新型コロナウイルスの集団感染が確認された大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客・乗員向けに緊急災害対応アライアンスSEMAを介して、衛生用品を提供した。

なお、BOSAI POINTでは、一定ポイント以上をドネーションすると、オリジナルの防災グッズ「BOSAI POINTグッズ」や、5年間備蓄可能なゼリー食品「BOSAI POINTゼリー」、日本各地の食材を使ったおいしい返礼品「BOSAI POINTギフト」が用意されている。

BOSAI POINTの参加方法は、専用webサイトにアクセスし、必要な情報を入力して登録。サービス一覧から保有しているポイントと連携し、ポイント数を選びドネーションを実行する。ドネーションポイントが一定数を上回った場合に、防災グッズなどがプレゼントされる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース