QRコード・バーコード

カードレス後払い決済「atone」が統一QRコード決済規格「JPQR」に対応

カードレス後払い決済「atone」を提供するネットプロテクションズは、2020年4月1日(水)に、「atone」をキャッシュレス推進協議会が定める統一QRコード規格「JPQR」に対応すると発表した。

「JPQR」は、キャッシュレス推進協議会により策定されたQRコード決済の統一規格となり、複数社ある決済QRコードを統一化することで、1枚のQRコードで複数社の決済に対応する事が可能となる。2019年度には岩手県、長野県、栃木県、和歌山県、福岡県で実証実験を行い2020年度には全国の店舗を対象に6月中旬よりJPQRの申し込みを受け付ける予定だ。

atoneは、クレジットカードが不要な後払い決済サービスとなる。ネットで会員登録するとすぐに利用できる。利用代金はまとめて翌月払いとなり、利用代金の0.5%のポイントを獲得可能だ。請求が発生する月のみ90円(税抜)の手数料が発生する。

atoneがJPQRに対応する事で、店舗はatoneを含む複数のQRコード決済を一括で導入する事ができ、個別サービス毎に組み込み関数を行う必要がなくなり、導入コストが削減される。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース