You Are Here: Home » QRコード・バーコード » ローソン、深夜時間帯に店員を配置しない「スマート店舗(深夜省人化)実験」を開始

ローソン、深夜時間帯に店員を配置しない「スマート店舗(深夜省人化)実験」を開始

ローソン、深夜時間帯に店員を配置しない「スマート店舗(深夜省人化)実験」を開始

ローソンは、2019年8月23日(金)0時より、約半年間、ローソン氷取沢町店で、深夜時間帯に売り場に店員を配置せず、消費者自身で決済する、スマート店舗(深夜省人化)の事件を開始すると発表した。

ローソン氷取沢町店では期間中の0時~5時まで店員を配置せず、バックヤードに1名勤務となる。

事前にローソンアプリに登録した入店用QRコードを利用するか、近隣住民用の入店カードを利用するか、入店管理機器で顔写真を撮影して入店する。ローソンスマホレジまたは自動釣銭機能付きの完全セルフレジを利用する事ができる。自動釣銭機能付きの完全セルフレジでは、電子マネー・クレジットカード・バーコード決済などのキャッシュレス決済に加えて、現金での支払いも可能だ。

なお、たばこ・酒類の免許品やカウンターファストフーズ・切手・収納代行やチケット販売などの店員が必要な商品やサービスの利用はできない。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7209

© 2013 ポイ探

Scroll to top