You Are Here: Home » クレジットカード » 京都の二条城で入場料などのクレジットカードや電子マネー決済が可能に

京都の二条城で入場料などのクレジットカードや電子マネー決済が可能に

京都の二条城で入場料などのクレジットカードや電子マネー決済が可能に

世界遺産の元離宮二条城では、2019年4月1日(月)より、入城料や観覧料などの支払時にクレジットカードや電子マネーを利用できるサービスを開始する。

二条城の来城者の6割以上が外国人観光客となっており、更なる利便性を図り、満足度を高めることを目的とし、窓口および自動券売機でクレジットカード、電子マネー、QRコード決済を導入する。

入城料や二の丸御殿観覧券、展示収蔵館入館券、音声ガイド代金、公式ガイドブックなどの支払時にVisaまたはMastercard、PiTaPaを除く9つの交通系ICカード、WAON、nanaco、楽天Edyでの支払が可能だ。QRコード決済はAlipay、WeChat Payのみの対応となる。

現在、二条城内の売店などでは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯が利用でき、Suicaなどの交通系ICカード、WAON、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPayの利用も可能だ。

なお、4月1日(月)以降は、入場券などの料金改定もある。

入城券 二の丸御殿観覧券 展示収蔵館観覧券
一般 600円 400円 200円
一般団体(30名以上) 500円 300円
中高生 350円
小学生 200円

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6267

© 2013 ポイ探

Scroll to top