QRコード・バーコード

SBIホールディングス、ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた「Sコイン」の実証実験を開始

SBIホールディングスとOrb、グローリーは、2018年10月よりブロックチェーン/散型台帳技術を用いた「Sコインプラットフォーム」を通じて、SBIホールディングスが発行する決済用コイン「Sコイン」の実証実験を開始すると発表した。

「Sコイン」は、スマートフォン上でチャージ・決済できる決済用コインとなり、SBIホールディングスが入居する六本木一丁目泉ガーデンタワー内の飲食店などで「スタンプ認証」にてキャッシュレス決済が可能となる。

「Sコインプラットフォーム」は、SBIホールディングスが開発するデジタル通貨などの発行プラットフォームとなり、前払式決済手段の電子マネーなど、用途に応じて独自のデジタル通貨を設計・発行することが可能だ。

今回の実証実験では、Sコインプラットフォーム上に、クレジットカードによるチャージ手段に加え、現金によってSコインをスマートフォン上のウォレットにチャージする仕組みが用意される。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース