クレジットカード

JCB、手のひら静脈認証技術を用いた決済・認証サービスの実証実験を実施

JCBは、2018年2月より、可視光手のひら静脈認証技術を用いた決済・認証サービスの実証実験を実施すると発表した。

スマートフォンで手のひら情報を登録すると、サーバーに情報が保管される。登録した手のひら情報を用い、手のひらをかざすだけで支払いができるサービスや、コンサート会場・宅配便の受け取り認証などの利用が想定される。

一度手のひら情報を登録すると、再度登録する必要は無い。実証実験はJCB青山本社で実施予定だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-,

© 2021 ポイ探ニュース